×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

iphone価格の秘密

ついに待ちに待ったiphoneが日本にやってくる。キャリアはソフトバンク。
今だキャリアと発売日しか決まっていないが、実に待ちどうしい。
気になる価格帯だが、アメリカは199ドルでの発売である。日本ではどうなるのだろうか。
ちなみに、この199ドルという価格、ipod tacheよりやすい癖に電話もできてしまううれしさ。
何か裏があるはずと思い、調べてみると、通信キャリアが通話料の一部をアップルに払う「レベニューシェアリング・モデル」を廃止したが、これは、月額30ドルのデータ利用と月額39.99ドル以上の音声利用を2年間契約した場合の価格ですということだ。
実際のところ今までの日本がやっていた、0円携帯と同じような仕組みをとっているようだ。
だが、今の日本の携帯は6万円位する機種がごろごろしてるから、2万円代で、ipodつきの携帯が出たら間違いなく人気が出るに違いない
それより通信費とかの料金だけで、7000円くらいかかってしまうのは考え物かも・・・
つーかプラダフォン買うよりはおとくかんかソートあるかも

iphoneの特徴

iphoneの特徴は無線ランカード内臓と3G形式の電話回線をつかってどこでもネットが使えることである。
携帯電話というよりも、アップル社の生活を豊かにするような一つのインターフェースとしての役割を果たすんじゃないかな。
スマートフォンみたいなものよりももっと遊び心全快みたいな。そーいえばiphoneの発売日に、ウィルコムから新しいスマートフォンが出るみたいだけど、わざとかな?
3Gになっての新機能はなんと言ってもGPS。それと、ネット環境を利用して、グーグルマップとの連動。これによって、iphoneが地図にもなっているわけです。
パソコンとの完全リンクで、データーのバックアップや、ブックマークなども普段のマックやPCから持ってくることができる。
遊びにも、ビジネスにもいろんな方向で使えそう。

ソフトバンクかドコモか

ドコモでは出ないのか?iphoneを待っていたドコモユーザーはたいていみんな考えていることだと思う。
アメリカでは2つのキャリアから発売されているので、日本でもその可能性は低くない。
しかもアップルにとって日本の携帯市場を手に入れることはかなりの利益になることは間違いない。
なぜなら、日本のipod人口の多さは郡を抜いている。
今ドコモからソフトバンクに乗り換える人もふえるだろうが、モー少し待てばドコモ版iphoneが手に入るかもしれない。
待つべきか、買ってしまうべきか迷うところだ。

Copyright © 2008 iphoneがほしくてほしくて